えびえび団だよ!DQ10

えびえび団のためのメモ

悪夢より来たるもの。最終決戦への道【中篇】

ナシームの魔眼。


古の大魔法使いが、
忘れられた洞窟に
封印したという
膨大な魔力が込められた伝説の秘宝。





その秘宝を探す一人のドワーフ。


彼の名は「ドガ」

夢とロマンに生きる男。









そしてもう一人。


天才とは彼の事。


彼の名は「アサナギ」


魔術を研究しているエルフの民。









ドガとアサナギの協力により
悪夢から解き放たれるせん。





呪縛開放!

「シャ〇ク!!!!」


開放されたー!!わーい!!






今日からはぐっすり眠れるぞー!!!

ぐーぐー。















しかし旅はまだ終わらない。
敵の名はダークドレアムとその手下。


占いババから敵の本拠地に乗り込んで
まずは手下どもを壊滅させてくれという
なんとも人使いの荒いというか
過激なことをいうババさま。









とりあえず。







やっつけました。









さあ!最終決戦だ!!!

10月1日21時
最終決戦!!(予定)


お助けマン大大大募集!
ガタラ採掘5756のポストに
助けてやろうと書いて
投函願います。


決戦は1時間くらいで終わるのかな。










よっしゃーやるぞー!


完。
よければポチっとお願いします。

悪夢より来たるもの。最終決戦への道【前編】

こんにちわ
せんです。





【笑いの奥義書】


お笑い界の頂点をとる為に
日夜修行に励むプクリポの民。


この世にあるという伝説の笑いの奥義書を
探してきてくれと頼まれたせんは
気分転換に出発した。




場所はロヴォス高地。

何故かはわからないが
突然の忍者コスに身を包み
ロヴォス高地の頂へ。


首領のマヨ殿に付き従う下忍せん。






しばしの黄昏・・・・










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・












・・・・ちがうちがうそうじゃない。
こんなことをしている場合じゃない。
この山地に眠るという宝箱を探さなければ。







それはじっとせんを待つようにひっそりと
そこにあった。
そっと宝箱に近づき
呪文を唱える。


「ひらけゴマ!」


スッと宝箱が開いたかと思うと
辺りが不穏な空気に包まれた。


またか。


まがまがしい煙と共に
怪しげな集団が現れた。


なにやらごにょごにょと言っていたが
全く意味がわからないせん。


ただ一つわかったことは
こいつらは倒すべき敵だということだけ。






バキドカポコン!




意外や意外。
強い設定ではあるものの
ものすごく苦戦ww


1回全滅したしww


すごく油断していたw
2回目からは本気モードで
やりました!




撃破!!!





倒したと思った瞬間、
また意識が遠のいていく。




また始まるのか・・





そして悪魔の手のようなものを
押し付けられる夢を見る・・・






はっと目覚めた場所は宝箱の前。
何事も無かったかのようにあたりは静寂に
包まれている。


ふと目の前の宝箱に気がつき
中にある奥義書を手に入れた。


そのとき!


またしても意識が遠のく・・・





さっきまでとは違う白くて暖かい空間・・・






前から珍妙な格好をしたプクリポが歩いてくる・・・・






あいつは・・・・














・・・・・・・・・・・・






すごい。

感動した。



泣きそうだった。



すっごく!


感動した!!




せんんんんんんんんn!!





旅芸人編終わり。








あれあんまり進まなかったな。


実際はもう最終決戦付近まで進んでますよー!





よければポチっとお願いします。

悪夢より来たるもの。第2話②旅芸人【アレンジ版】

夢を見た。


何かとてつもなく恐ろしい夢。


朦朧とする意識の中、

大きな悪魔のような手が


せんの眼前にせまってきた・・・・











・・・・・・・・・・・・・・・・・・











目覚めると
そこにはいつもの日常があった。
特に体に変化はない。
ただ異常に疲労していた。


何があったというのだろうか。













チリンチリン。




旅のコンシェルジュからの連絡だ。


今度はアラハギーロにいるプクリポが
何か困っているとのこと。
こんなときに・・・とも思ったのだが
困っている人を放ってはおけない星の下に
生まれたせん。







ただ悪い夢をみただけだ。






そう自分に言い聞かせ、
アラハギーロに向かうせん。
一抹の不安を残しながら。





◆故郷の友人◆


アラハギーロに着いたせん。
モンスター格闘場で大賑わいの街中。


早速依頼主を探します。





池のほとりにたたずむプクリポを見つけました。


挨拶をすませ、依頼の打ち合わせをするせん。


依頼内容は。


お笑いの奥義の書を
見つけてきてくれ


とのこと。







このくそばかやろーが!
自分でいけーやー!!



と言いたいところだったが、
悪い夢を忘れるにはお笑いは
いいかもしれん。
















お笑い芸人目指し隊結成。


よし行こうか。






see you again!!












◆写真で一言委員会おまけ◆

写真で一言委員会ナナカマド会長の
革新的な采配(悪ふざけ)により
多彩な才能を持つ著名人達が
悲惨な目に遭っているというこの騒動。メシがウマイ!



一切の責任は会長にありますので
その辺はご理解いただきたく思います。








◆中②で一言◆


誰しもが一度は通るであろう
中②時代。
中②ってなんだろう。
詳しい事は全くわかっていませんが
なんとなくこんなことかなーみたいな
感じでお送りいたします。


画像は超絶カッコいい方から
無断で拝借いたしました。












中②で一言!




「安らかに眠れ・・・
 エルトナ・メギストゥーリス!!

 
 












中②で一言!



「電撃増幅!来たれイカズチ!!!
 グレンガタラン!

 ペリポンハンガー!!!」

ちゅどーん。















完。
よければポチっとお願いします。

悪夢より来たるもの。第2話①恐怖【アレンジ版】

特製まくら作り隊により
ジョージとリシャスの望みを叶えたのも
束の間。







せんに未曾有の恐怖が襲い掛かる・・・・・・









ジョージに枕を渡した後、
突如、意識を失ったせん。





・・・・・・・・





気がつくとそこには古びたお城が
建っていた。

周りに人の気配は
無い。



あるのはただ
耳がおかしくなるくらいの
静寂のみ。















静寂の中に
何かが動く気配がした。

サッと振り返り、様子を伺うが
そこには何も無い。








なんだ・・気のせいか・・



と、不安で押しつぶされそうになりながらも
なんとか前に進もうとしたその時・・・









・・・・!












うわああああああああ!!!!












この後、せんは


最初の悪夢を見た。


悪夢のはじまりである。












完。
よければポチっとお願いします。

悪夢より来たるもの。第1話②【アレンジ版】

彼女の名はリシャス。
グランゼドーラの城下町に住んでいる。


彼女は言った。
夫であるジョージの不眠症を
なんとかしてあげたい、と。
その為に特製の枕を作ってあげたいのだが
材料が少し足りないとの事。
そこでせんはピンときた。


まかせなさい!


かくして特製枕作り隊が結成された。


干しどくけしそう
フカフカのもみがら
必要な素材はこの2つ。


どくけしそうは同じグランゼドーラに住む
シェリーナさんが持っているとのこと。


いつも居るという場所に行くと
優雅に佇んでいました。
事情を話すと快諾。
これは難なくゲット。
見た目も心も広い人でした。



次はフカフカもみがらです。
ブラックチャックが持っているらしい。


そこは歴戦の戦闘集団。
あっという間に敵を取り囲みます。

戦闘開始。









部屋着姿の残虐僧侶プリリッツに
何故か激しい怒りを見せるチャック氏。





すかさずマヨ団長の
必殺ゴールドシャイニングフィンガーが炸裂。


眩しすぎる輝きでチャック氏も怒りを忘れて
しまいました。


とりあえず無事
もみがらを手に入れることが
できました。


ジョージとリシャスのもとへ
向かいます。


リシャスに材料を渡すと
すぐに裁縫を始めました。
危なかしい手つきで。


出来た!
そう言うと
2階のジョージにこれを届けて欲しいと
頼まれました。
名を特製枕29号というらしい。
他に28個もあるってことかな。


自分で届ければいいのに
とも思いましたが
それはそれは小さなこと。
行きます行きます。


2階にはジョージがいました。

何か恐ろしい夢に悩まされている、と。
特製枕で解決するといいのだが。




ジョージに枕を渡し、




その場を去ろうとした刹那、




せんは意識を



失った。









次回『恐怖』


ギャーーーーーーー!










続く。





よければポチっとお願いします!